【後悔しない】ドコモ光・home5Gを15項目で比較!どっちがおすすめか解説

スマホ回線をドコモで使っていてセット割引を受けたいんだけど、ドコモ光とhome5Gってどっちがおすすめなの?

ネット回線選びの達人

インターネットを使用する環境や用途によっておすすめが変わってくるよ。
15項目でわかりやすく比較していくね。

スマホ回線がドコモでドコモ光home5Gどっちにしようか悩んでいる方必見です。

ドコモには、ドコモ光セット割・home5Gセット割がありセット割を受けることができます。

ドコモスマホ回線のセット割引を受ける際のお悩み
  • セット割引は受けたいけど失敗や後悔したくない
  • メリット・デメリットを知りたい
  • どちらが自分に合っているの知りたい

上記のようなお悩みをお持ちの方、安心してください。

今回の記事では、販売代理店や通信キャリア業界歴9年のプロである私が、ドコモ光とhome5Gを15項目で比較しおすすめな方を解説していきます。

この記事を読むことでドコモ光home5Gのどちらが自分に合っているのかを知ることができ失敗や後悔することなく選択できるようになります。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

表示価格は特に断りがない限り税込です

\ 工事費無料キャンペーン中 /

18,000円相当還元キャンペーン中 /

目次

結論:基本的には『ドコモ光』がおすすめ!1人暮らしや工事不可の場合は、『home5G』もあり

スクロールできます
重視する項目ドコモ光home5G
通信速度下り:
上り:
PING値:
下り:〇
上り:△
PING値:✖
通信の安定性
料金
導入のしやすさ
契約期間

選ぶ方によって重視する項目が変わりますがドコモ光を導入できる環境であれば、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光は電柱から建物まで有線接続なのに対して、home5Gは近くのドコモの通信基地局から無線接続です。

通信速度や安定性は有線接続のほうが高いです。

ただし、1人暮らしで複数人が参加しているオンラインゲームや動画投稿をしない方や引っ越しの可能性がある方はhome5Gがおすすめです。

現在光回線を利用中してる方はドコモ光をおすすめします。

home5Gでもインターネットは利用できますが、光回線からホームルーターに変えるとストレスを感じる可能性が高いです。

どの項目を重視・優先に考えるかで選択肢は変わります

たしかに重視する項目って人によって違うよね。
私は戸建に住んでいてたぶん引っ越しはないし、家族3人で使いたいから通信品質重視かな。
私は、ドコモ光がおすすめってことかな?

ネット回線選びの達人

そうだね。
家族3人で使って引っ越しの可能性がないならドコモ光がおすすめだね。

各々用途や環境を考えた上で選択していきましょう。

ドコモ光・home5G比較一覧表

スクロールできます
ドコモ光home5G
対応エリア全国
フレッツ光エリア
全国
ドコモ5G/4Gエリア
契約期間2年無し
解約金戸建:14,300円➡5,500円
マンションタイプ:8,800円➡4,180円
2022年7月以降契約分から変更
0円
料金タイプA
戸建5,720円
マンションタイプ:4,400円
4,950円
固定電話サービスドコモ光電話homeでんわ
初期費用工事費
戸建:19,800円
マンションタイプ:16,500円
契約事務手数料
3,300円
端末代金
39,600円
契約事務手数料
3,300円
割引新規工事費無料月々サポート
1,100円×36回
通信速度
※平均
下り:275Mbps
上り:114Mbps
PING値:15.6ms
下り:128.6Mbps
上り:11.9Mbps
PING値:54.9ms
月間に使える通信量無制限無制限
直近3日間制限なしあり
(詳細非開示)
スマホセット割引ドコモ光セット割home5Gセット割
キャンペーン20,000dポイント(期間・用途限定)現金10,000円
引っ越し時移転工事費必要住所変更のみ
利用開始までの期間2週間~2ヶ月端末代金到着後すぐ
Wi-Fiルーター別途必要不要

上記の表でドコモ光・home5Gを項目別にまとめました

比較表にしてみるとけっこう違う部分があるんだね。

ネット回線選びの達人

かんたんにいうと、通信品質重視のドコモ光・導入の手軽さのhome5Gといった感じかな。

各項目について詳しく解説していきます。

その前に、ドコモ光・home5Gのメリット・デメリット・おすすめな方を解説します。

ドコモ光メリット・デメリット

新規申込基本工事費用完全無料

月間データ通信量無制限

転用/事業者変更※

ドコモ光セット割

通信速度が速く通信品質が高い

dポイント20,000円相当還元キャンペーンあり

※転用・事業者変更

転用:フレッツ光から乗り換え(電話番号・電話機・テレビサービスそのまま)

事業者変更:光コラボレーション※から乗り換え(電話番号・電話機・テレビサービスそのまま)

ドコモ光のメリットは、通信品質(速度・安定性)の高さとドコモスマホ回線とのセット割引です。

ドコモ光は電柱から建物へ有線で光ファイバーケーブルを引き込むことで通信品質の高さを実現しています。

データ通信量完全無制限でネット検索やSNSからオンラインゲームやリモートワーク時のオンライン会議まで様々な用途で快適に利用することができます

ドコモ光のデメリットは契約期間の縛りが2年で工事が必要で開通まで2週間~1ヶ月以上かかる点です。

申し込みしてから使えるようになるまで1ヶ月以上もかかるの?

ネット回線選びの達人

時期によっても変わるけど、引っ越しが多い時期(3月や9月)は混雑してしまうから早めに申し込みするのがベターだね。
工事の件数が多くなると工事の業者さんも順番待ちになるんだよね。

しかし、ドコモ光では新規工事費無料キャンペーン開催中でさらに20,000dポイント(期間・用途限定)の還元を受けることができます。

ドコモ光の料金や特徴は詳しく知りたい方はこちら

\ 工事費無料キャンペーン中 /

home5Gメリット・デメリット

工事不要コンセントにさすだけですぐ使える

月間データ通信量無制限

契約期間の縛りなし

home5Gセット割

ドコモ5G/4Gエリア対応で繋がりやすい

キャッシュバック特典あり

home5Gのメリットは工事不要・データ無制限・コンセントにさすだけですぐに使える・ドコモ回線とのセット割引・契約期間の縛りがない点です。

また、引っ越しの際も住所変更のみで継続利用できる点もメリットになります。

home5Gは直近3日間で大量のデータ通信を行った場合に速度低下が起こる可能性があります

また、リアルタイムでやりとりをするようなオンラインゲームやオンラインミーティングや動画投稿には向いていません

home5Gはなんでオンラインゲームやオンラインゲームミーティングに向いていないの?

ネット回線選びの達人

home5Gは、近くの基地局から自宅まで無線で電波を飛ばしているからタイムラグが発生してしまうんだよね。
オンラインゲームやオンラインミーティングで画面がカクカクしたり、時間差が起きやすいんだよね。

home5Gについて詳しく知りたい方はこちら

18,000円相当還元キャンペーン中 /

シチュエーション別おすすめ

データ通信量完全無制限で使用したい

複数人が参加しているオンラインゲームをプレイする

YouTubeの動画投稿など大きなデータをインターネット上に保存する

YouTubeでライブ配信をする

リモートワークでオンラインで打ち合わせ(ZOOMやTeamsなど)

フレッツ光で電話やテレビサービスを一緒に使用している

光コラボレーション(SoftBank光・楽天ひかり・ビッグローブ光など)を使用している

家族複数人で使用する

マンションタイプ対応物件に住んでいる

\ 工事費無料キャンペーン中 /

ドコモ光・home5Gのメリット・デメリットを踏まえた上で、それぞれおすすめな方は上記の通りです。

工事が可能で引っ越しの可能性が低いまたはない方は、ドコモ光一択です。

工事ができない方や1人暮らしの方で賃貸物件に住んでいて引っ越しの可能性がありオンラインゲームや動画投稿をしない方はhome5Gがおすすめです。

対応エリア

ドコモ光home5G
対応エリア全国
フレッツ光対応エリア
全国
ドコモ5G/4Gエリア

対応エリアはドコモ光もhome5Gも全国対応

ドコモ光はNTT東日本・西日本のフレッツ光対応エリア、home5Gはドコモのスマホ回線で使用している5G/4Gエリア

同じ全国のエリアでも使っている電波が違うんだね。

どちらのサービスも対応エリアが全国なので多くの方が利用できます

契約期間の縛り・解約金

スクロールできます
ドコモ光home5G
契約期間2年契約契約期間なし
更新月24ヶ月目
25ヶ月目
26ヶ月目
なし
解約金戸建:14,300円➡5,500円
マンション:8,800円➡4,180円
2022年7月以降契約分から変更
なし

契約期間の縛りや解約金はドコモ光・home5Gで異なります

ドコモ光は2年定期契約ありで更新月(24ヶ月目・25ヶ月目・26ヶ月目)以外に解約した場合戸建で14,300円、マンションタイプで8,800円の解約金が発生します。

2022年7月以降契約分から、解約金は戸建で5,500円・マンションタイプで4,180円に変更になります。

定期契約なしもありますが、キャンペーン対象外や月額料金が高くなり2年定期契約を選ぶ方が多いです。

home5Gは、契約期間の縛りもなく解約金もありません

ドコモ光も解約金なくなればいいのにね。

ネット回線選びの達人

携帯電話やスマホは契約期間の縛りがなくなってきているけど、光回線はドコモ光に限らずまだまだ契約期間の縛りが残っているから今後に期待したいね。

月額料金

スクロールできます
ネットサービスドコモ光
プロバイダタイプA
home5G差額
月額料金戸建:5,720円
マンション:4,400円
戸建:4,950円
マンション:4,950円
戸建:770円
マンション:550円
1年間料金戸建:68,640円
マンション:52,800円
戸建:59,400円
マンション:59,400円
戸建:9,240円
マンション:6,600円
2年間料金戸建:137,280円
マンション:105,600円
戸建:118,800円
マンション:118,800円
戸建:18,480円
マンション:13,200円

月額料金は、ドコモ光は戸建とマンションタイプで料金が異なります

home5Gは一律の料金となっています。

月額料金はマンションタイプであればドコモ光が安く戸建で利用する場合はhome5Gが安いです。

戸建ではhome5Gが年間9,240円・2年間で18,480円ドコモ光戸建タイプより安くなります

マンションではドコモ光が年間6,600円・2年間で13,200円home5Gより安くなります

固定電話サービス

スクロールできます
ドコモ光電話homeでんわ
2022年3月下旬提供開始
月額料金550円550円
homeでんわセット割適用時
国内通話料金固定電話宛て8.8円/3分
携帯電話宛て17.6円/1分
固定電話宛て8.8円/3分
携帯電話宛て17.6円/1分
割引サービス以下の国内通話無料
同一ファミリー割引内
または
ビジネス通話割引グループ内
引き継ぎ可能電話番号NTT東日本・西日本加入電話新規発番
フレッツ光電話
光コラボレーション発番光電話
NTT東日本・西日本加入電話新規発番

固定電話サービスは、ドコモ光電話とhomeでんわ(2022年3月下旬提供開始)がそれぞれあります。

料金は550円~利用可能で通話料金が一般の固定電話より固定電話宛て8.8円/3分・携帯電話宛て17.6円/1分とおトクになっています

違いとしては、ドコモ光電話は光回線を利用して電話するのに対して、homeでんわはドコモの携帯の電波を利用します。

homeでんわは対応エリアがhome5Gと同じでなく全国ではないためエリア確認は必須です。

ちなみにhomeでんわは、ドコモの携帯電話とファミリーグループを組むことができグループ内での通話が無料になります

ドコモ光電話には通話無料サービスはありません。

引き継ぎできる電話番号にも違いがあります

ドコモ光電話は、NTT東日本・西日本から発番されているアナログ回線やフレッツ光のひかり電話、光コラボレーション発番の電話番号は引き継ぎ可能です。

一方、homeでんわで引き継ぎ可能な電話番号はNTT東日本・西日本アナログ回線のみとなっています。

以下の具体例でよりわかりやすく表にしています。

具体例
スクロールできます
発番元利用中
固定電話
乗り換え先
固定電話
電話番号
引き継ぎ可否
NTTアナログ回線NTTアナログドコモ光電話
NTTアナログ回線フレッツ光ひかり電話ドコモ光電話
SoftBank光光電話Nドコモ光電話
NTTアナログ回線auひかり電話ドコモ光電話
auひかりauひかり電話ドコモ光電話
NTTアナログ回線ケーブルプラス電話ドコモ光電話
ケーブルプラス電話ケーブルプラス電話ドコモ光電話
NTTアナログ回線NTTアナログ回線homeでんわ
SoftBank光光電話Nhomeでんわ
NTTアナログ回線auひかり電話homeでんわ
auひかりauひかり電話homeでんわ
ケーブルプラス電話ケーブルプラス電話homeでんわ

初期費用・割引

スクロールできます
ドコモ光home5G
契約事務手数料3,300円3,300円
初期費用新規工事費
戸建:19,800円→0円
マンション:16,500円→0円
※電話サービスやテレビサービスは別途必要
端末代金
39,600円
1,100円×36回
割引新規工事費無料
※電話サービスやテレビサービスは対象外
月々サポート
1,100円×36回

初期費用はドコモ光もhome5Gも発生しますが、どちらも割引があります

ドコモ光は新規工事費無料キャンペーン開催中です。完全に0円になります。

無料になるのは基本工事費で、電話サービスやテレビサービスにかかる工事費や土日祝の工事は別途必要です。

home5Gは、端末代金が39,600円発生します。

端末代金は一括払いか36回の分割支払いから選択することができます

割引サービスがあり、home5Gの月額料金から毎月1,100円が36回割引されます。

ちなみにhome5Gを3年以内に解約した場合は、36回の割引の途中でも割引は終了となります。

3年利用したら実質無料になるイメージです。

通信速度

スクロールできます
直近1週間平均速度ドコモhome5G
自宅で測定
ドコモ光
友人宅で測定
下り速度128.6Mbps275Mbps
上り速度11.9Mbps114Mbps
PING値54.9ms15.6ms

数値の見方は、下り速度・上り速度は数値が大きいほうが好ましく、PING値は数値が小さいほうが快適にインターネットを利用できます

上記の表の通り、上り速度とPING値においてhome5Gのほうが大きく劣っています

上の表から言えることは、home5Gではオンラインゲームやオンラインミーティングや動画投稿には向いていないということです。

下りの速度と上りの速度ってなに?

ネット回線選びの達人

かんたんに言うと、下りはインターネット上から文字や画像を受信、上りは端末からインターネットに送信することだよ
日常生活では主に下りのほうが重要になってくるよ。
ただ、動画の投稿や仕事などで大きなデータをインターネット上に保存することが多い場合は上りの速度も気にしたほうがいいよ
身近なものでまとめてみたからイメージしやすくなると思うよ

下り速度と上り速度速度の具体的な利用シーンは以下の通りです。

GoogleやYahoo!で検索する

LINEやインスタグラムやTwitterやメールで受信する

アプリをスマホやパソコンにとりこむ

動画を視聴する(YouTubeや動画配信サービスなど)

SNSの画像や動画をみる

上り速度が遅いhome5Gでは上りで利用するシーンでストレスを感じたりする場合もあります。

特にYouTubeなどの動画投稿や大量のデータをインターネット上に保存する場合影響が顕著に出てきます

もう1点見逃せないポイントが『PING値』です。

PING値ってなに?home5Gのほうが数値は大きいね

ネット回線選びの達人

PING値はざっくり説明すると応答速度だよ。
PING値は小さければ小さいほど快適にインターネットを利用できるよ。
リアルタイムにやりとりをしているような以下のような利用シーンの時に影響があるよ。

PING値が影響する利用シーン
  • オンラインゲーム
  • オンラインミーティング
  • LINEなどのビデオ通話
  • 高画質な動画視聴

オンラインゲームやオンラインミーティングやLINEのビデオ通話で画面がカクカクしている経験がある方は、PING値が大きくなっている可能性が高いです。

PING値が影響しやすい利用シーンでの利用を想定している方はドコモ光がおすすめです。

オンラインゲームやYouTubeの動画投稿をしない方であれば、home5Gはとてもおすすめです。

月間データ通信量・直近3日間制限

スクロールできます
ドコモ光home5G
月間データ通信量無制限無制限
直近3日間制限なしあり
一定期間内に大量のデータ通信

ドコモ光もhome5Gも月間で使用可能な通信量に制限はありません

ただし、home5Gに関しては直近3日間で大量のデータ通信を行った場合に速度が制限される場合があります

大量のデータ通信ってどのくらいなの?

ネット回線選びの達人

具体的な数値は非公表なんだよね。

私は、home5Gを自宅で利用していますが3日間でだいたい30GB~40GB利用していますが速度制限にかかったことはありません

私が実際に自宅で使用している実例
  • テレビとhome5GをWi-Fi接続で動画配信サービスを視聴
    • YouTube(720p)・hulu・FOD・Paravi・DAZNなど
  • スマホで利用
    • LINE無料通話・LINEビデオ通話・ZOOM・YouTube・ネットショッピング
  • パソコンで利用
    • 記事執筆・オンラインミーティング

ドコモ側で具体的な数値の公表がないので、断言はできませんが上記のような私の使用しているケースでは契約して以来3ヶ月間は1度も制限はかかっていません。

ただし、今後利用者が急激に増加して回線の混雑状況によっては制限がかかる可能性があることは覚えておきましょう。

スマホ回線セット割引

スクロールできます
料金プラン【ドコモ光セット割】
ドコモ光
定額プラン
【ドコモ光セット割】
ドコモ光
2段階定額プラン
【home5Gセット割】
home5G
5Gギガホプレミア1,100円割引/月550円割引/月 1,100円割引/月
5Gギガホ1,100円割引/月 550円割引/月
ギガホプレミア1,100円割引/月 550円割引/月 1,100円割引/月
ギガホ1,100円割引/月 550円割引/月
5G/ギガライト~7GB 1,100円割引/月 550円割引/月 1,100円割引/月
5G/ギガライト~5GB 1,100円割引/月 550円割引/月 1,100円割引/月
5G/ギガライト~3GB 550円割引/月 220円割引/月 550円割引/月
5G/ギガライト~1GB

ドコモ光・home5Gともにドコモのスマホ回線とセット割引を組むことができます

5Gギガライト/ギガライトでデータ通信量が1GB以下の場合は、割引対象外となります。

ファミリー割引グループ内で20回線まで適用可能です。

ちなみに、割引範囲は主回線から3親等以内で離れて暮らす家族も割引対象になります。

auやSoftBankは割引可能回線が10回線に比べドコモは20回線まで割引可能です。

ドコモauSoftBank
割引回線数20回線10回線10回線
割引範囲3親等以内親等制限なし親等制限なし
別住所の家族3親等以内で可能50歳以上※可能

※auのスマートバリューに関しては、離れて暮らす家族は50歳以上ですがauショップ/au Styleの店頭であれば申込可能なキャンペーン開催中です

キャンペーン

スクロールできます
ドコモ光home5G
キャンペーン新規/事業者変更
20,000円相当dポイント
(期間・用途限定)
転用
15,000円相当dポイント
(期間・用途限定)
Amazonギフト券
18,000円相当還元
付与時期利用開始月の翌々月回線開通4ヶ月後

ドコモ光もhome5Gもおトクなキャンペーンがあります

ドコモ光は新規/事業者変更で20,000dポイント(期間・用途限定)、転用で15,000dポイント(期間・用途限定)還元

home5GはAmazonギフト券18,000円相当の還元があります。

ちなみに、事業者変更はNTT東西から回線を借りている光コラボレーション(SoftBank光やビッグローブ光や楽天ひかりなど)からドコモ光に乗り換えることをさします。

転用は、現在フレッツ光を利用中の方がドコモ光に乗り換えることをさします。

転用の詳しい解説はこちら

事業者変更も転用も基本的には工事不要電話番号も電話機もそのまま利用可能

引っ越し時

ドコモ光home5G
必要な手続き移転手続き使用住所変更
発生する費用移転工事費0円

引っ越しする際は、home5Gのほうが手軽です。

home5Gは、登録住所以外で使用は禁止されています。

引っ越した場合は、必ず登録住所の変更手続きを行いましょう

費用は発生しません。

一方、ドコモ光は引っ越しの際は『移転』手続きが必要になり新しい住所で移転工事が発生します

工事費に関しては電話サービスやテレビサービスで変わります。

基本工事費は派遣工事ありで戸建で19,800円、マンションで16,500円となります。

ちなみに、『光コンセント』が宅内にある場合は派遣工事なしで2,200円です。

光コンセントってなに?

ネット回線選びの達人

自宅内の通常のコンセントの横あたりに『光』や『光SC』のような表記がある差し込み口があるよ。

引用:https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/130308_01.html

引用:https://www.ntt-east.co.jp/info/detail/130308_01.html

ただしテレビサービスを移転先で継続利用する場合は光コンセントがあっても派遣工事ありとなり2,200円にはならない点は覚えておきましょう。

利用開始までの期間

スクロールできます
ドコモ光home5G
利用開始までの期間ドコモ光1ギガ
2週間~1ヶ月
設備状況や繁忙期は1ヶ月以上かかる
ドコモ光10ギガ
1ヶ月半
端末到着後すぐ

利用開始までの期間はhome5Gのほうが速いです。

home5Gは端末到着後コンセントにさすだけですぐに利用できます

一方、ドコモ光は申込確定から2週間~1ヶ月ほどかかります

混雑する繁忙期(3月や9月など1ヶ月以上かかる場合もあります

ちなみに、ドコモ光10ギガタイプはおおむね1ヶ月半ほどかかり1ギガタイプとは異なる点を覚えておきましょう。

Wi-Fiルーター

ドコモ光home5G
Wi-Fiルーター別途必要不要

自宅でWi-Fiを利用する際には通常以下のようなWi-Fiルーターが必要になります。

Wi-Fiルーター
Wi-Fiルーター

ドコモ光は、電柱から自宅に光回線を有線で引きこんだ後自宅内でWi-Fiを利用する場合は上のようなWi-Fiルーターが別途必要になります。

また通信速度を最大化するために、設定する必要がありある程度の知識も必要です。(メーカーによる)

一方、home5GはWi-Fiルーター不要で端末到着後コンセントにさしてスマホやパソコンなのWi-Fi子機となる機械でパスワードを入力するだけで繁雑な設定は不要で利用できます

まとめ:

今回の記事では、ドコモ光・home5Gを15項目で比較解説してきました。

おすすめは、用途や環境や重視する項目によって変わります

ドコモ光とhome5Gで悩んでいる方は以下のおすすめ表を参考にしていただければ幸いです

データ通信量完全無制限で使用したい

複数人が参加しているオンラインゲームをプレイする

YouTubeの動画投稿など大きなデータをインターネット上に保存する

YouTubeでライブ配信をする

リモートワークでオンラインで打ち合わせ(ZOOMやTeamsなど)

フレッツ光で電話やテレビサービスを一緒に使用している

光コラボレーション(SoftBank光・楽天ひかり・ビッグローブ光など)を使用している

家族複数人で使用する

マンションタイプ対応物件に住んでいる

\ 工事費無料キャンペーン中 /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

居住地:関東在住
経歴:販売代理店・通信キャリア業界歴9年のインターネット回線選び方の達人
趣味:イングランドプレミアリーグ(20年以上)・YouTube・旅行
好きなこと:カレー・可愛いもの(最近はリラックマ)・江ノ島から見る富士山

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる